横浜にある総合ダンススタジオ
j-catslogo

Baby in car 本当の意味
〜赤ちゃん乗ってますの真意〜


「Baby in car」というステッカーを誰しも一度は見たことが
あると思います。



「赤ちゃんが乗ってます。だから気を付けてください」
という注意書きのようにも見えます。

赤ちゃんが乗ってるのでゆっくり走ります。
赤ちゃんが乗ってるので無理な横入りは止めて下さい。


などなど、周りのドライバーからしたら
「赤ちゃん乗ってる。だから何なの?」
と思わず言ってしまいそうな(思ってもダメです!)
このステッカー。
実はこのステッカーにはこんな説(由来)があるそうです。



海外でのお話し。
ある夫婦が車で走行中に大事故を起こした時の事。
車は大破状態。夫婦の生死も危険な状態。
駆け付けたレスキュー隊は懸命かつ迅速な救助で二人の
命を救った。
病院で意識を取り戻した妻は事態を把握し
真っ先に医師に言った言葉が
「赤ちゃんは無事なの!?」

そう、車の中には夫婦の他に後部座席に赤ちゃんがいたのです。
レスキュー隊は爆発するかもしれないめちゃめちゃな車の中で
目についた大人二人を救うのがやっとの事。
赤ちゃんがいた事など気づく事もなく、結局後から車を調べた所
赤ちゃんの亡骸(なきがら)があったそうです。

その後作られたこのステッカーには
「事故があったら真っ先に赤ちゃんを救って!」
という思いが込められてるそうです。



この話は今や有名で、全国各地で多少内容に誤差がありますが
都市伝説的に言い伝えられてます。
何故都市伝説かというと、1984年9月にアメリカの
セーフティーファースト社が安全運転励行が目的で作られたのが
最初、という説もあるからです。
何にしろ、このステッカーを貼る事によって救われる命もある
という事を知っておいて損はないでしょうね♪


2018・12・4 更新

菊名駅×ダンススクール部門
2016年10月時点


スマートフォン版

自動相互リンク AQUA-NAVI